元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

高年齢雇用継続給付

失業保険が切れた、生活保護ももらえない・・・そんなあなたが失業 保険を延長できる唯一の方法 退職後の傷病手当金 申請と審査手続きガイド 退職届けの前に!失業保険・裏バイブル 失業保険【裏】延長マニュアル 失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<サポート版> 失業保険が切れた、生活保護ももらえない・・・そんなあなたが失業 保険を延長できる唯一の方法

高年齢雇用継続給付とは

高年齢雇用継続給付は、「高年齢雇用継続基本給付金」「高年齢再就職給付金」があります。雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある60歳以上65歳未満一般被保険者が、原則として60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満に低下した状態で働き続ける場合に支給されます。

高年齢雇用継続基本給付金

高年齢雇用継続基本給付金の支給要件

(失業給付を受給しないで雇用を継続する者)

  • 60歳以上65歳未満の一般被保険者であること。
  • 被保険者であった期間が通算して5年以上あること。(基本手当等を受給したことがある場合は、受給後の期間で算定します。)
  • 賃金が60歳到達時に比べ75%未満に低下したこと。
  • 各月の初日から末日まで被保険者であること

高年齢雇用継続基本給付金の支給対象期間

被保険者が60歳に達した月(または受給資格を満たした月)から65歳に達する月まで。

高年齢雇用継続基本給付金の支給額

支給額は、支給対象月に支払われた賃金額の低下率により異なります。

  • 「支給対象月に支払われた賃金(みなし賃金)」が「60歳到達時賃金月額」の61%未満の場合
    支給額=実際に支払われた賃金額×0.15
  • 「支給対象月に支払われた賃金(みなし賃金)」が「60歳到達時賃金月額」の61%以上75%未満の場合
    その低下率に応じて、各月の賃金の15%相当額未満の額。
  • 「支給対象月に支払われた賃金(みなし賃金)」が「60歳到達時賃金月額」の75%以上の場合
    支給されません
    高年齢雇用継続基本給付金
    (図:ポスタルくらぶ:原令子の年金コラム:読者の素朴な疑問「高年齢雇用継続基本給付金」より)

「支給対象月に支払われた賃金」とは

支給対象月に支払日のある賃金をその月分の「支給対象月に支払われた賃金」とします。

みなし賃金とは

非行、疾病・負傷、事業所の休業等によって減額された賃金があった場合に、その賃金が支払われたものとみなして賃金を算定します。

「60歳到達時賃金月額」とは

原則として、60歳到達時前6ヶ月間の賃金の合計額を180で除して得た日額に30を乗じた額を「60歳到達時賃金月額」とします。臨時の賃金、3ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金は含まれません。

高年齢雇用継続基本給付金支給限度額

支給対象月に支払われた賃金額が335,316円(平成21年8月1日現在)を超える場合は支給されません。また、賃金額と支給額の合計が335,316円を超える場合は、335,316円からその賃金額を差し引いた額が支給されます。

高年齢雇用継続基本給付金支給下限額

支給額として算定された額が1,640円(平成21年8月1日現在)以下であるときは支給されません。

60歳到達時賃金月額の限度額

上限額:446,700円
下限額:61,500円 (平成21年8月1日)

高年齢雇用継続基本給付金支給申請手続

高年齢雇用継続給付の支給を受けるためには、原則として2か月に一度、支給申請書を事業所の所在地を管轄するハローワークに提出します。

  • 申請書提出者
    事業主又は被保険者
    ハローワークはできるだけ事業主が申請手続を行うように指導しております。事業主が申請を行うためには労使協定の締結が必要です。
  • 提出書類
    • 高年齢雇用継続給付支給申請書
      初回の支給申請は、「高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書」の用紙を使用します。
    • 払渡希望金融機関指定届(高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書」に添付されています。)
    • 雇用保険被保険者六十歳到達時等賃金証明書
    • 賃金証明書の記載内容を確認できる書類(賃金台帳、労働者名簿、出勤簿など)
    • 被保険者の年齢が確認できる書類等(運転免許証か住民票の写し)
  • 提出時期
    • 初回
      最初に支給を受けようとする支給対象月の初日から起算して4か月以内
    • 2回目以降
      ハローワークから交付される「高年齢雇用継続給付次回支給申請日指定通知書」に印字されてある日。

高年齢再就職給付金とは

高年齢再就職給付金支給対象者

  • 雇用保険一般被保険者であること。
  • 直前の離職時において被保険者であった期間が通算して5年以上あること。
  • 雇用保険の基本手当を受給し、支給残日数100日以上で再就職したこと
  • 60歳以上65歳未満で再就職したこと。
  • 賃金が基本手当の基準となった賃金月額に比べて75%未満に低下したこと。
  • 再就職にあたり再就職手当を受給していないこと

高年齢再就職給付金支給対象期間

再就職した日の前日における支給残日数により支給期間が異なります。被保険者がこの支給期間内に65歳に達したときは、65歳に達する月まで。
再就職した月について月の初日から被保険者とならない場合は、翌月から支給対象月となります。

100日以上200日未満

被保険者となった日の翌日から1年を経過した日の属する月まで

200日以上

被保険者となった日の翌日から2年を経過した日の属する月まで

高年齢再就職給付金申請手続

  • 申請者・提出先
    申請は事業所の所在地を管轄するハローワークに事業主が再雇用した後速やかに(できるだけ雇用保険被保険者資格取得届の提出と同時に)行います。
  • 受給資格の確認・提出書類
    • 高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)支給申請書」
    • 「払渡希望金融機関指定届」(「受給資格確認票」にあるもの)
  • 支給申請
    申請は事業主または被保険者が行います。事業主が支給申請を行う場合は労使協定が必要です。
    • 提出先
      事業所の所在地を管轄する公共職業安定所
    • 提出書類
      • 高年齢雇用継続給付支給申請書」
      • 賃金証明書の記載内容を確認できる書類(賃金台帳など)
      • 被保険者の年齢が確認できる書類等(運転免許証か住民票の写し)
  • 提出時期
    高年齢雇用継続給付次回支給申請日指定通知書」に印字されている日までに行います。
    また、最初の支給申請は、支給を受けようとする支給対象月の初日から起算して4ヶ月以内に受給資格の確認と併せて行うこともできます。
失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<サポート版>

  お勧めサイト  
中高年の転職100%成功法 ☞ホームヘルパーへの転職 ☞はじめての中古住宅購入
☞解雇について
☞ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格
☞ホームヘルパー2級を取得しよう

a:19188 t:3 y:1



あなたにピッタリの講座を探しませんか?
生涯学習のユーキャン
何か新しいこと始めたい。何か役に立つことを身につけたい。そんなふうに
思いながら、でも、何が自分に合っているのかよくわからない。
そんなあなたは、ぜひこのコーナーでピッタリの講座を見つけてください!
目的やあなたのお仕事、興味のあることなどをたどっていくと、本当にあな
たの役に立つ資格やスキル、おすすめの講座が見つかります!



東京法経学院
法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱っている学校です。取扱い資格は、司法書士・行政書士・土地家屋調査士・測量士補・社会保険労務士・宅地建物取引主任者等です。





ECCビジネススクール
4万2千円で、テキスト8冊・DVD62時間・模擬試験等合格のための全ての内容が揃っている、ファイナンシャルプランナーDVD通信講座が好評です。FPの受講生は毎年、確実に増えています。


『完全個人指導専門・話し方教室』コム学院
創立22年の伝統!『完全個人指導専門・話し方教室』
話し方、対人関係、スピーチ、プレゼン、講演、議論、あがり症、緊張、声の震え、つまり(吃音)、発声発音、視線赤面の克服などコミュニケーション全般を行います。
様々なビジネス雑誌(B-ing,DIME,ef、マイレッスンetc)やラジオで紹介をされ、実績は実証済です。在学生数400名超は、業界最大級です。


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional