元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

離職票

「雇用保険被保険者離職票(-1、2)」について

離職後、「雇用保険被保険者離職票(-1、2)」が届きます。

離職票とは

離職票とは、雇用保険の失業給付(基本手当)を受給するときに必要な書類です。通常、退職後10日前後までに、退職した会社から渡される書類です。
離職票には、退職理由・過去の給料・出社日などが記入されており、この情報を元にハローワークが失業給付を決定します
離職票が無いと、退社後の失業給付が支給されません。また離職票の提出がが遅れると、給付日数が残っていても、失業保険が途中で打ち切られてしまう場合がありますので、注意してください。
離職票には、カードタイプの「離職票1」と退職前の賃金額や退職理由が記載された「離職票2」(離職証明書)の2種類あり、失業給付に重要な書類は「離職票2」になります。

離職票

離職票1は、失業手当を振込むために必要な口座を記入するためのものです。

雇用保険被保険者離職票1

離職票

離職票2には、退職する直近半年間の給与額と退職理由がすでに記入されています。退職者は、離職票2を確認し署名・捺印をいたします。
雇用保険被保険者離職票2

  • 離職票2の左側の項目は、被保険者番号や退職者の給与などの項目です。ここで重要なのは、退職者の給与という項目です。この金額によって失業手当額が決まります。賃金額Aは月給であり、賃金額Bは日給または時給となっています。賃金額AとBに分かれているのは、月給と日給または時給では失業手当の最低保障額に関する計算式が違います。
  • 離職票2の右側の項目は、退職理由の項目です。退職理由は失業手当の給付日数や給付制限期間に関係しますので、非常に大切な項目となります。会社はできるだけ自己都合退職に誘導しますが、退職者にとっては会社都合で退職した方が、失業手当給付に関して有利になります。

  お勧めサイト  
中高年の転職100%成功法 ☞ホームヘルパーへの転職 ☞はじめての中古住宅購入
☞解雇について
☞ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格
☞ホームヘルパー2級を取得しよう

a:49321 t:9 y:6

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional