元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

雇用保険受給者初回説明会

雇保険受給者初回説明会

退職後に失業保険の受給を行う際には、離職票を持参しハローワークでの手続きを行う必要があります。この時に行われる雇保険受給者初回説明会には必ず出席をしなくてはいけません。

雇保険受給者初回説明会に持参するもの

  • 「雇用保険受給資格者のしおり」
  • 印鑑
  • 筆記用具

雇保険受給者初回説明会の内容

  • 失業保険についての詳しい説明
  • 基本手当の受給についての説明
  • 失業保険に関する資料の配布
  • 求職活動についても説明
  • VTR上映(就職活動として認可されるものや、就職の相談について、求人の応募について、国家試験取得についてなど求職活動や失業保険についてわかりやすく説明されたVTRです。)

雇保険受給者初回説明会の所要時間

おおよそ2時間位かかるケースが多いようです。

雇保険受給者初回説明会後に受け取る書類

「雇用保険受給資格者証」

  • 雇用保険受給資格者証とは
    雇用保険受給資格者証とは、ハローワークで雇用保険、失業給付の受給手続き後、あらためて開催される受給説明会で渡される書類であり、失業手当を受け取る資格(受給資格)を証明するものです。雇用保険受給資格者証は失業保険の認定日には必ず必要になります。
    雇用保険受給資格者証は、ほとんどの部分は受け取った時点で印刷されておりますので、残りの「住所又は居所」(表側)、「支給番号」「氏名」(裏側)のみを記入し、写真を貼り付けてください。

「失業認定申告書」

  • 失業認定申告書とは
    失業認定申告書とは、認定日と認定日の間で、行った求職の活動内容を記入する書類です。失業給付を受け取る求職者は認定日から認定日の間で、仕事を探すことが条件となっており、その報告をするために失業認定申告書を提出します。
    ハローワークで求職活動をした場合は、失業認定申告書の裏面に印をもらいます。
    失業認定申告書



a:29019 t:3 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional