元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

退職後の健康保険


ひとりでもできる 退職後の傷病手当金 申請と審査手続きガイド

裏ワザ 退職後の健康保険

退職後の「健康保険」4つの選択肢

健康保険を選択する際のポイント
1.国民健康保険と任意継続被保険者の保険料を調べる。(安いほうに加入手続を行う)
2.失業保険の受給期間が終わったら、家族の被扶養者になれないか問い合わせる。

国民健康保険に加入

自営業者等が加入している制度です。

  • メリット
    誰でも加入できます。
  • デメリット
    被扶養者の概念がありません
    家族4人なら4人分の保険料が必要となります。
    また保険料は前年の所得に応じて決定されます。一般的に健康保険の任意継続被保険者よりも健康保険料は高額になります
  • 書類の提出先
    国民健康保険は市町村の役場で加入できます。
  • 加入手続き
    退職日の翌日から14日以内と決められておりますが、あまり厳格ではありません。いつからでも加入できます。
  • 必要書類
    • 届け出書類
    • 健康保険資格喪失証明書
    • 本人を確認する書類
    • 印鑑

任意継続被保険者として継続

一般的に「任継(ニンケイ)」と呼ばれる制度です。
退職後も退職前の会社の健康保険に2年間まで加入できます。
保険料は今までの保険料の2倍になります。しかし健康保険料の上限も設定されていますので大幅にアップすることはありません。

  • メリット
    • 最大の利点は今までの健康保険と同等の給付が受けられることです。健康保険の場合、大企業は健康保険組合を持っておりますが、健康保険組合によってかなり手厚い「付加給付」を設定しております。そのサービス維持できます。※中小企業は「協会けんぽ(旧:政府管掌健康保険)」
    • 一般的に国民健康保険よりも保険料は安いです
    • 被扶養者の概念があるため、扶養家族がいる場合はメリットが大きいです。
  • デメリット
    退職後2年間しか加入できません。
  • 書類の提出先
    退職前に加入していた各健康保険組合。協会けんぽの場合は全国健康保険協会の都道府県支部。
  • 加入手続き(厳格です)
    退職日の翌日から20日以内(厳格に運用されております。絶対厳守!)
  • 必要書類
    • 任意継続被保険者資格取得申請書
    • 家族を扶養に入れる場合は被扶養者異動届け
    • その他健康保険組合が要求する書類

家族の健康保険の「被扶養者」になる

配偶者や子供がサラリーマンの場合一番得な方法です。しかし被扶養者の認定基準は意外と厳しいので被扶養者になれない場合もあります。また、失業保険を貰っていると被扶養者になれません。

  • メリット
    保険料がかからない点が最大のメリットです。
  • デメリット
    失業保険を貰いながら被扶養者になることはできません。
  • 書類の提出先
    配偶者や子供の加入する健康保険組合、協会けんぽ。(その会社の人事、総務担当部署が窓口になっています)
  • 加入手続き
    退職日の翌日から5日以内。あまり厳格ではありません。
  • 必要書類
    • 被扶養者異動届
    • 住民票(同居か否かチェックします)
    • 加入先の健康保険組合、協会けんぽが要求する書類
      例:退職証明、健康保険喪失証明、無職無収入証明書等

健康保険に加入しない

選択肢ではありませんが、実際に無保険となっている失業者が散見されるため記載いたしました。
いつ、病気になるかわかりません。
健康保険の未加入期間があることは絶対避けてください

ひとりでもできる 退職後の傷病手当金 申請と審査手続きガイド

a:66788 t:1 y:13

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional