元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

想定問答集

面接の仕方や面接官の心得が学べる面接マニュアル「5分でわかる面接官のルール」は企業の採用担当者向けの教材ですが、転職者必見です。

イラスト ビジネス 職業 の ソザイヂテン

面接・想定問答集
頻出質問の答え方

「当社の志望動機は何ですか?」

回答の仕方:
「安定しているから」「大企業だから」「○○を経験してみたいから」「キャリアアップのため」はNG。
基本的にどの会社でも通用するような回答は好ましくありません。

面接を受けるにあたり、企業研究は必須です。

ホームページや会社四季報で企業理念や製品・サービス・売上げの推移をしっかり調べ、どこに魅力を感じたと伝えます。
また求人票に載っている内容はしっかりと頭に入れておくことです。自分がどういう内容の仕事を希望していて、具体的にどういうことができるのかを再度確認しましょう。

応募する会社が製造業ならば、その会社の商品を知ることも大切です。特に一般消費者を相手にしている場合は、応募する会社の商品を実際に使ってみる位の積極性がほしいですね。サービス業で店舗がある場合は、実際足を運んでどんな雰囲気か確認してから面接に臨みましょう。

この質問の場合「キャリアアップのため」は非常に多い回答です。履歴書に記載する場合もお勧めできませんが、実際の面接では漠然とし過ぎ、「明確な考えも無く安易に転職を考える人」ととられる可能性があります。応募企業で「○○がしたい」という前向きな考えをしっかり言うことが大切です。

「あなたについて聞かせてください。」

回答の仕方:
自己PRを求めている質問です。答えはあまり時間をとりすぎないよう、5分以内で収めましょう。簡単そうですが事前準備しないと意外と答えられません。(たいていの人は1分位しか話せません。)営業職の面接ではコミニュケーション能力も試されているので面接官をひきこむ話し方が必要です。

「前職の退職理由は何ですか?」

回答の仕方:
大事な点は退職理由と応募に整合性があるように答えることです。
「人間関係」「Uターン」「介護のため」「単にキャリアアップのため」など抽象的なものはNG。さらに「職場の人間関係」「給与・待遇・仕事そのものに対する不満」は絶対に出してはいけません。
「リストラ」についても、前職で競争に敗れた人間と自分でPRしているようなものです。「リストラ」されたから応募したというネガティブな考え方ですので、それが本当であっても言わないほうが得策です。

質問は前職の退職理由ですが、実際に聞きたいのは「今回の転職の目的」です。

この質問には前職の退職理由、転職の目的共に具体的に答えることが要求されます。今、なぜ転職に踏み切るのかをしっかりと説明できなければなりません。

「あなたは当社で何ができますか?」「今までの業績を述べてください。」

回答の仕方:
経験・スキルを問う設問です。基本は、「自分のスキルが応募する会社で、このように活かせる」と具体的に伝えることです。

「当社では何をしたいですか?」

回答の仕方:
「今後何をしたいか?」の質問は、「計画的に自分を考えてスキルを磨いてきたか」を確認するために行われます。
したがってこの質問に回答する場合は自分の能力をアピールし、志望する会社の業績アップに貢献できるポイントを発言します。
そのためには自分が今までどんな業務で何を経験してきたのか、自分にどんな能力が身についているのかを詳細まで振り返り、まとめておく必要があります。
転職では即戦力としての活躍を求められるため、何ができるかをきちんと説明できるように準備しておくことが重要になります。


「ほかにどのような会社を受けておりますか」

回答の仕方:
「御社のみです」「他社は受けていません」は非現実的です。転職者は通常2~3社は併願しているものです。
志望会社より小さめの企業を2つ位出して「御社が第1志望」であることを伝えるのが無難です。
注意点は業種、職種を統一することです。受験している会社の業種、職種がまちまちでは、「この人は本当は何をやりたいのだろう」と疑われてしまいます。

「語学力はどのくらいですか?」

回答の仕方:
業務で英語を使うことがことがなくても、履歴書で「得意学科・・・英語」などと記載すると聞かれることがあります。、「マニュアルの読解、メールのやり取りの経験があります。」などといったように、「○○ができます」「○○の経験があります」といった肯定的な答え方しましょう。

外資系やエンジニア志望者は語学力は必須です。TOEC等を受験し客観的に語学力を示せるように準備をしておきましょう。

「スキルアップのためにしていることは何ですか?」

回答の仕方:
研究職やエンジニア職を中心に、聞かれることがある質問です。普段からスキルアップを心がけている人は問題がないのですが、その場しのぎの返事にならないように回答を準備しておくことが大切です。

「年収の希望はどのくらいですか?」「前職での給与はいくらでしたか?」

回答の仕方:
収入については募集広告に掲載する場合と、あえて掲載せず条件交渉に持ち込む場合があります。

この質問は募集広告に掲載している場合でも面接初期の段階で飛び出してくることがあります。どうしてかというと定着性の判断のために、応募者の生活レベルに相応した収入を確認し、自社の条件と合うかをチェックする必要があるからです。

前職の仕事内容を確認しながら「前職の給与はいくらですか?」と確認する場合も同じです。
人間の生活レベルは急に落とせないため、必然的に前職と同じ位の収入は希望しているのではないかとの考えからです。

前職の年収から大幅にダウンする場合は、何故年収ダウンを承知で応募しているかをしっかりと説明する必要があります。

転職の事前準備としてキャリアコンサルタントに自分の適性年収を確認しておくことをお勧めします。就職を焦るあまり自分のキャリアや生活レベルからかけ離れて低い年収の会社に就職しても、定着性は見込めません。逆に大企業で長く務めた方は自分の商品価値よりも高い年収を得ています。それに気付かず、希望年収を高めに設定しても、不採用となるだけです。
転職活動の第一歩は、まず自分の希望年収をしっかりと決めることです。

「あなたが現職で不満に思っている点はなんですか?」

回答の仕方:
注意を要する質問です。キャリアチェンジで無い限り現職の不満は応募職種に対する不満とイコールの可能性があるからです。あまり詳細に説明してしまうと、自分の弱みを見せることになる恐れもあります。現在勤めている会社の規模や、意思決定の遅さを挙げると良いでしょう。

面接官は、募集職種の職務内容の中にあなたが不満に思うことが含まれる否かを確かめる目的と、自分の不満に思うことを冷静に受け止め客観的に対処できる人物かを判断するためにこの質問を行います。

「仕事上で何か失敗したことはありますか?」

回答の仕方:
答えにくい質問です。「失敗経験はありません」はNG。簡単な「作業」しか任されていなかったのか、と却ってマイナス評価となってしまいます。この質問は失敗の内容を聞くのではなく、失敗の後にそれをどのようにリカバリーし、何を学び取ったかを聞きたいのです。内容によっては重要な仕事を任されていたことも伝えられ、自己PRもできます。

「あなたの強みは何ですか?」「あなたの長所は何ですか?」

回答の仕方:
この質問には落とし穴があります。単に自慢できることを答えてはいけません。面接官は、あなたの得意分野がどのように会社に利益をもたらすかを聞いているのです。核となる強みを中心に話し、その強みをどのように募集職種に活かすことができるのか説明しましょう。

「あなたの短所はどこですか?」

回答の仕方:
これも答えにくい質問です。さらりと差し支えないことを答え、「しかし、その反面…」とさりげなく長所もアピールしましょう。

「何か質問はありますか?」

回答の仕方:
最後を締めくくる質問ですが、とても怖い質問です。

この場合は、必ず質問をしなければならないわけではありません。

業務内容や事業内容など、事前に調べた内容や面接のやりとりの中で再確認したいことがあれば質問してください。また質問ではなく「御社のためにがんばりますのでよろしくお願いします」とアピールしてもかまいません。

気をつけなければならないのが、「残業時間はどのくらいですか?」「休日の取得方法はどのようになっていますか?」などと労働条件について軽い気持ちで質問してしまうことです。
労働条件の質問をしてしまうことで、仕事内容よりも労働条件を気にする応募者と思われてしまい、最後の一言で不採用になってしまう場合があります。気を付けてください。

参考文献:IT転職ナレッジ「転職マニュアル」

a:5564 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional