元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

失業の認定

失業の認定

原則として、4週間に1度、失業の認定が行われます。
失業認定申告書」に求職活動の状況等を記入し、「雇用保険受給資格者証」とともにハローワークに提出します。

失業認定申告書

求職活動について

基本手当の支給を受けるためには、失業の認定を受けようとする期間中に、原則として2回以上基本手当の支給に係る最初の認定日における認定対象期間中は1回)の求職活動の実績が必要です。
また、自己都合などで退職された場合は、待期期間満了後3か月間は基本手当が支給されません(この期間を「給付制限期間」と言います。)。給付制限期間とその直後の認定対象期間をあわせた期間については、原則として3回以上の求職活動の実績が必要となります。

求職活動として認められる範囲

求職活動として認められる範囲は、次のとおりです。

a:22095 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional