元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

円満退社の方法

不当解雇撲滅作戦~素人でも戦える必勝法を伝授~ 退職届けの前に!失業保険・裏バイブル ひとりでもできる 退職後の傷病手当金 申請と審査手続きガイド 失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

円満退職のためのスケジュールの立て方

会社の辞め方は非常に大切です。

会社の辞め方は非常に大切です

経験上、円満退職された方とそうでない方は入社後の行動に顕著な違いが出てきます。

どうしてかというと、しっかり責任を果たして退職される方は全ての仕事に対して最後までしっかりとやり遂げる人物だからです。

逆に退職届も出さずに、プイっといなくなるような方は信用できませんし、社会人としては失格です。

退職に当たっては、行動する前にきちんと計画を立てることが大事です。

自分の都合だけでなく、会社や部署の都合も考えて、できるだけ迷惑を掛けないことが円満退社の秘訣です。


退職の計画はいつから立てるのか?

退職の計画は早ければ早いほうが良いにこしたことはありません。

しかし会社への意思表示にはタイミングを選ぶ必要があります。

早すぎる意思表示は賞与を減額されたり、昇給査定で低くされたり、重要なポジションから外される危険があります。

会社に退職の意思表示をする時期は、業務の引き継ぎや会社側が人を補充することも考えて、少なくとも2カ月前に行いましょう。

また社内の繁忙期やプロジェクト期間中はできるだけ避けましょう。

退職準備の目的は3つあります。「生活資金の準備」、会社に迷惑を掛けないための「引き継ぎ準備」良い転職先を見つける「情報収集・転職活動期間」の3つです。いずれも退職間際では、できません。退職準備は明確な目的とスケジュールによって成否が分かれます


生活資金の準備

転職を決意したら、まず生活資金の試算を行いましょう。

転職先が決まっていればそれほど問題はないが、そうでなければ、失業期間中の生活費、住居が移転する場合は引っ越しの費用などが必要です。

自己都合退職の場合は失業手当に3カ月間の給付制限期間がありますし、もらう金額も解雇や、会社都合退職と比べて低い金額になります。

生活資金は就職活動が長引いたことを考慮して最低でも1年分は必要です。特に退職後失業手当が出るまでの3カ月間の無収入となりますので、十分計画ください。


退職前に確認すること、行ってはならないこと

退職したいと思ったら・・・

  • 就業規則・退職金規定を入手する
    就業規則では退職のルール、社宅の明け渡しの規定、賞与支給の規定、退職にあたっての返却物等を確認します。上位職制(役員クラス)の方は同業に転職する場合の制限が設けられている場合もありますので注意ください。
    退職金規定では退職金の計算方法を確認し、支給時期と自分の退職金がいくらか試算します。
  • 上司に話す前にはだれにも話さないこと
    退職の意思は会社に話す前に同僚や友人に話してはいけません。情報はすぐ漏れます。
  • 家族に相談し、十分に理解を得られていることを確認
    家族があなたの考えや生き方を理解していなければ、退職した場合収入が途絶え「早く就職すように」と圧力がかかります。良く「家に居場所が無い」「近所の視線が気になる」とぼやく人がいます。これは自分自身も、家族も「転職の目的」を十分認識していないからです。上手な転職活動は、まず家族の説得から始まると言っても過言ではありません
  • 転職に伴う資金の準備の最終確認を行う。

2ヵ月前に行うこと

  • 自分のスケジュール帳に退職予定日を記載する。
    退職予定日を決めるときは、繁忙期やプロジェクト期間を避けた時期か否か、引き継ぎの期間を十分に取って設定したか否か、有給休暇の残日数を確認したか否かを再度チェックします。自分の都合だけでなく、会社や部署の都合も考えて、できるだけ迷惑を掛けないことが円満退社の秘訣です

1ヵ月半前~2ヵ月前

退職願を提出します。退職願を出す前には必ず自分の上司と話し合い、上司を飛び越えて退職願いを出さないようにしましょう。特に上司との打ち合わせでは、会社の批判は行わないことが大切です。今までに築いた大切な人脈を壊さないように注意してください。実務的には引き継ぎ方法、有休の消化方法を決めていきます。

20日前~1ヵ月半前

業務引き継ぎ文章を作成します。取引先への挨拶回りを計画します。

退職日当日

退職日に確認することは概ね次の通りです。しかし一番大事なことは、最後に上司と社内で世話になった人にあいさつに行くことです。

  • 担当業務をすべて処理したことを上司と後任者に報告します。
  • トラブルが生じた場合を考えて、退職後の連絡先を上司と後任者伝えます。
  • 健康保険証、社員証、社章、ユニフォーム、携帯電話など会社から貸与されたものを返却します。
  • 会社が保管している場合、雇用保険被保険者証を受領します。
  • 離職票、源泉徴収票を受領するか、受領する方法を会社と決めます。
  • 退職金、最後の給与の受取日、受け取り方法を確認します。
  • 会社の福利厚生制度の一環として行っている各種保険に加入している場合は、退職後も継続加入できるのか否かを最終確認します。
  • 会社費用で購入したもの(文具類も含む)はすべて返却します。

退職後速やかに行うこと

  • ハローワークへ求職の申し込みを行い失業給付受給資格の確認をします。
  • 国民年金の加入(種別変更)手続きを行います。
  • 任意継続被保険者制度の加入手続き、または国民健康保険の加入手続きを行います。

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法 就活内定の革新的手法!~戦略的思考で、学歴なし、ネタなし、実績なしの凡人学生でも志望企業から内定を勝ち取る就職活動攻略マニュアル~


a:23031 t:6 y:9


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional