元社会保険労務士が失業保険をがっちり貰う裏ワザを公開!

ハロワで情報検索

就活内定の革新的手法!~戦略的思考で、学歴なし、ネタなし、実績なしの凡人学生でも志望企業から内定を勝ち取る就職活動攻略マニュアル~

仕事探しにハローワークを徹底活用しましょう!

ハローワークで早く簡単に情報検索する方法

まずは登録

ハローワークで求人情報検索をしようと思ったら、まずは登録が必要です。

多くの人は最初の求職手続きのときに、同時に登録します。

求職申込を行う

求職についての条件(希望職種や賃金)等を「求職申込書」に記入します。
求職申込書は、求人倍率などの算出にも用いられる基礎データとなります。
また失業保険の給付を受ける場合にも、求職申込書を提出し、 求職者登録されている事が必要となります。

求職申込書

求職申込書の「公開」「非公開」について

求職申込書」は公開・非公開を選ぶことができます。
公開を選ぶと情報が公開されるため、多くの求人企業の目にとまることができます。
求職申込書を公開する場合には「求職公開申込書(キャリアシート)」を併せて記入する必要があります。「求職公開申込書(キャリアシート)」には職務経験や就業年数、学歴、所持資格、自己ピーアール、希望職種、希望勤務地、希望賃金、希望勤務形態など「求職申込書」よりも詳しい内容を書き込むことができます。
登録された求職者情報はハローワークのパソコンで求人者(企業側)が自由に閲覧できるほか、人材情報を一覧にしてハローワークのホームページ上でも公開しています。
※「求職申込書」を公開する場合でも、氏名や連絡先などは公開されることはありません。

「ハローワークカード」をもらう

ハローワークカードとは、仕事の相談、紹介、求人検索用パソコンの利用、各種セミナーの受講など、ハローワークでの各種サービスを受けるための登録カードです。
求職の相談や希望求人の紹介の際に使用しますので、ハローワークに行く際は「ハローワークカード」をお持ちください。

求人情報を探す

ハローワークの窓口では、就職に当たってのさまざまな相談を受け付けています。

どんな仕事がいいのか決められない、具体的な求職活動の仕方がわからない、求職する上で相談したいことがある、応募書類の書き方や面接の受け方について知りたいなど、求職に関するどのような相談も気軽に窓口で相談できます。

ただし、窓口は非常に込んでいるので長時間待たされる覚悟が必要です

窓口では、オンラインシステムを使って、管轄区域内のハローワークの求人はもちろん、他の地域の求人も窓口職員と一緒に探すことができます。

求人情報ファイルを閲覧する

ハローワークでは、求人情報を公開しています。

職種ごと、地域ごとにファイルを設けたり、新着求人をまとめて展示するなど、ハローワークごとに、見やすくするためにいろいろ工夫をしています。

管轄地域だけでなく、近くのハローワークの求人についても公開しています。パソコン検索の前に求人ファイルを見てどのような求人が多いか、賃金はいくらぐらいかの目安を付けましょう。

求人情報のパソコン検索を行う

現在ではパソコンでの求人検索が主流です。

ハローワークでは誰でも扱えるようにタッチパネル式の求人検索機が設置されています。付属のペンで希望条件(職種、給料、勤務地、業種など)で選んで画面にタッチしていく方式です。

しかしパソコンに慣れている方は意外と使いにくいです。

求人情報の中から、自分が気に入った求人があれば、その求人票を印刷して、それをハローワークの窓口(就職相談窓口)へ持っていき、職業の紹介を受けます。

ハローワークインターネットサービス利用のお勧め

ハローワークのパソコンはタッチパネル式なので細かい条件設定ができません。自宅にパソコンがある方はハローワークインターネットサービス利用をお勧めします。
またハローワークで求職登録をしてハローワークカードをもらっておくと、企業の詳細な内容も自宅のパソコンで見ることができます。

裏ワザ

ハローワークインターネットサービス利用の裏ワザ

ハローワークで効率的に職業紹介を受けるには、ハローワークインターネットサービスを利用して応募したい求人企業を探し、その番号を控えておき、ハローワークでは直接、窓口に行って、その求人票を印刷してもらい職業を紹介してもうと効率的です。

ハローワーク求人票印刷の裏ワザ

ハローワークの求人検索機で検索したときに、気に入った求人票を印刷しようと思っても、印刷枚数に上限があるところがほとんどです。(例えば5枚など)。

せっかく気に入って求人でも、上限枚数以内に絞り込まなければなりません。

その時は一度、初期画面に戻してください。スタート画面に戻って、また検索しなおします。この方法で印刷枚数をリセットできます

ハローワーク応募の裏ワザ

掲載された瞬間の求人情報に応募する

応募で一番効果的なタイミングは、求人情報が掲載された瞬間です
採用担当者が「採用したい!」と考えているタイミングで、まだ応募が少ない状態である事が判断されます。
反応の早かった応募者はそれなりに記憶に残り面接を有利に展開できます。

 

1ヶ月以上前に掲載された求人情報に応募する

1ヶ月以上前に掲載された求人情報は、人がいなくて困っている企業です。求人公開時に比べて選考基準が緩和されている可能性もあります。
ハローワークに求人を出すと、求人を出して2週間は応募者が多いのですが、3週間、4週間と経過すると極端に応募者が減少してきます。最初は選考基準を厳格に適用していた採用活動も応募者が少なくなると緩和される傾向にあります。そこが狙い目です。
新しい求人情報ばかりを検索せずに少し前の求人も調査しましょう。ただし、応募が少ない求人はそれなりに理由がありますので企業研究と求人条件の検討を十分行い納得の上応募ください。


a:15023 t:2 y:1

ハロワ徹底活用術

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional